news_head

薪実験VOL2

2014.06.11

薪実験をするための薪の含水率を測っています。
薪の表面は、半年乾燥の薪でも水分が低いのですが、中心部分は高いです。
実験では、試験用の薪を割り、中心部分の含水率を測って確認します。
四国薪(写真1)中心部分は10.5%と低いです。
1年乾燥の薪(写真2)中心部分は28.2%と高いです。
この含水率計は、針で刺すタイプではなく、表面にあてて、高周波を流して静電容量の変化から測定します。針のタイプは20%以下では数値の信頼が低いのですが、こちらは5%まで正確に測れます。
購入してみようかな?と考えている方は、以下のHPをご覧ください。
http://www.ureruzo.com/suibunLG6NG.htm

3
写真1

4
写真2

ページTOPへ